​安心して治療を受けていただけるよう、安心・清潔な空間です。

緑色の建物が目印です。 前に駐車場3台完備しています。

待合室   内観は白を基調とした明るい雰囲気です。 お掛けになってお待ち下さい。

受 付   こちらで受付やお会計をさせていただきます。 カウンター上のモニターには 診察の順番が表示されます。

受付のモニター   診察の順番が分かりやすく表示されています。 個人情報保護のため、患者さんのフルネームではなく ペット名で表示されています。

第一診察室   診察台が体重計となってますので 無理なく体重測定ができます。

第二診察室   診察室はどちらも同じ設備となっております。 窓がないため眼の診察は基本的に こちらの診察室で診察しております。

手術室   当院で行う全ての手術をこちらでします。 手術室には手術に欠かせない機械がおいてあります。 麻酔機・心電図・電気メスなど…

レントゲン室   こちらでレントゲン撮影をします。 基本的にはお預かりして検査をしますが、 場合によっては飼い主さんにお手伝いしていただくことも。

入院室   入院室は2部屋あります。 そのコの大きさにあったゲージサイズを選んで 出来るだけストレスがからないようお世話をします。 オールステンレスなので清潔に保てます。

集中治療室(ICU)   呼吸、循環、代謝の状態が悪い場合や その他の重篤な急性機能不全のコの容態を管理します。

検査コーナー   こちらで血液検査などをします。 血液生化学・血球計算・電解質 血液凝固検査の機械を置いています。

処置台   こちらは台の下がシンクになってるため 皮膚病のコの薬浴をしたりします。 エコー検査の台としても使用します。

超音波診断機器(エコー) 腹部や心臓にあてて画像診断します。 あてる場所によっては仰向けになってもらうので 出来るだけストレスがかからなういよう専用マットを用意しています。

内視鏡   動物用の内視鏡検査機械です。 お腹を開けずに胃や腸の検査をします。 検査時は全身麻酔をかけます。

​採用情報

​男山動物病院 

ブログ

​採用情報

集中治療室(ICU)   呼吸、循環、代謝の状態が悪い場合や その他の重篤な急性機能不全のコの容態を管理します。